蜂駆除はリスクを伴うため

業者に依頼するのが最適

と言われています。できるだけ専門の知識を持ち合わせた業者に依頼するのが望ましいですが、自分で駆除することが絶対不可能というわけではありません。

自分で駆除可能な状況とは?

  • 巣を作り始めたばかりで巣のサイズが小さい
  • 蜂の種類がミツバチかアシナガバチである

この2つの条件を満たす場合は、自分で駆除してもそこまでリスクは大きくないと考えられます。

巣のサイズが大きくなっていると蜂の数が多くなっていますし、駆除しようとした途端に集団で襲ってくる可能性が高いため危険です。

蜂の種類がスズメバチというケースでは、その攻撃的な性格からも二次被害が起こる可能性がグッと高まりリスクが大きすぎます。自分で駆除したいと考えても、

安全第一で業者に依頼する

ようにしましょう。

自分でハチを駆除するのに必要なものは?

プロの業者が装備しているものを準備するのが一番いいのですが、無理であれば近いものを揃えて駆除に臨みましょう。

  • 防護服や厚手の服
  • 手袋や軍手
  • 長靴
  • 防蜂ネットまたはヘルメット+ゴーグル
  • 蜂専用の殺虫剤
  • できるだけ長い棒
  • ゴミ袋
  • 虫取り網
  • ほうきと塵取り

これらがあると便利です。蜂に刺されないように、まずは自分の服装を整えましょう。軍手は2枚重ねにするなどしてより防御力を高めておくのがおすすめです。

長い棒は蜂の巣を落とす際に使用します。取り除く際に手で行うと危険ですので避けてください。そしてゴミ袋をセットした虫取り網で巣を取ることができれば、よりスムーズに駆除を完了させることができるでしょう。

ほとんどの蜂が活動しにくい暗い時間帯に駆除するのが良い

とされていますので、この他にライトなどの照明があった方がいいかもしれません。ただし、光に向かって蜂が飛んできますのでその対策は必要です。そのため、駆除の際はライトに赤いセロファンを貼るといいと言われています。

スプレー後に巣ごと除去しよう

駆除の手順をご紹介します。

  1. 準備を整え、巣に蜂が戻ってきているか確認する
  2. 風上から巣に向かって1分間ほど殺虫剤(スプレー)を噴射する
  3. 蜂の動きが鈍ってから巣を落とす
  4. 巣を回収しゴミ袋に入れて口をしっかりと結ぶ
  5. 周囲に落ちている蜂をほうきと塵取りなどで集めて別のゴミ袋に捨てる

ポイントは少し離れた位置からスプレータイプの殺虫剤をとにかく噴射し続けることです。できれば2本以上用意しておくと安心して駆除できます。

自分で蜂駆除する際の注意事項

駆除の際に注意することは刺されないようにするということ。当たり前ですがとてもわかりやすいです。

むやみに刺激を与えないように、匂いを身に纏わないように注意しましょう。特に香水などの強い匂いは蜂を刺激してしまいがちです。

また、途中で駆除できないと判断したらゆっくりと後退し、蜂を刺激しないようにその場から立ち去ってください。

そして、駆除後に気を抜かないようにすることもポイントの1つです。蜂の巣や蜂を処分するまで細心の注意を払いましょう。覚えておいていただきたいのは、死んだ蜂を処分する際は

絶対に手で拾ってはいけないということ。

完全に死んでいたとしても筋肉がまだ動きますので、針が手に刺さってしまうことがあります

最後に、駆除し終わった場所に殺虫剤を噴射しておいてください。可能なら1週間ほどはこまめにスプレーし、もう蜂が寄ってこないようにするといいでしょう。