ベイト工法とは

シロアリ駆除の方法の中では新しいとされているものです。どのようなことをするのか、メリット・デメリットとともに確認していきましょう。また、すべての住宅でベイト工法を選択できるとは限りませんので、向いていない住宅の条件についてもまとめています。

ベイトとは毒エサのことを指します。ベイト工法とは、毒エサを使って、すでに床下や土の中などに生息しているシロアリを巣ごと駆除する方法なのです。

シロアリが好む木材や紙類が入ったステーション(筒状の容器)を家の周囲に設置し、シロアリが寄ってくるのを待ちます。そして、ステーション内にセットした毒エサをシロアリが食べたり巣に持ち帰ったりするのです。そうすることで、毒エサを食べたシロアリだけでなく巣ごと駆除できるという仕組みです。このように、ベイト工法は目に見えない地中や柱の中にある巣までしっかりと駆除できるのが魅力と言えるでしょう。

また、ベイト工法には2つの種類が存在します。

それが、

  • 管理型ベイト工法
  • 駆除型ベイト工法

です。それぞれの特徴を見ていきましょう。

管理型ベイト工法

こちらはステーション内の木材等が食べられ始めてから毒エサを入れるため、確実にシロアリと巣にダメージを与えられるという安心感があります。

しかし、食害が開始されたかどうかの確認をしなくてはならず、もしシロアリが中にいれば刺激を与えてしまうことになります。そして毒エサを仕掛けるために再度ステーションの蓋を開けなくてはいけないので、シロアリが警戒して寄り付かなくなる可能性もあるのです。

失敗しないためには、ある程度様子を見てから食害の確認をすることと、毒エサを仕掛けた後は最低限の開け閉めに留めることがとても重要でしょう。

駆除型ベイト工法

駆除型はステーションを設置する時に中に毒エサが仕込まれているものです。管理型と違ってこちらで管理する必要はなく、シロアリが生息している場所に設置すればOKです。

例えば床下に潜ってどこに生息しているかはっきりと分かった場合は、その巣の近くにポンとベイト剤を置くのです。そうすると巣から出てきたシロアリがベイト剤に食いつき、巣ごと駆除可能となります。

使用する薬剤は?

ステーション内にセットする毒エサには、脱皮阻害剤(IGR剤)が含まれています。脱皮する昆虫にのみ効果があるため、人体に影響はありません。また、アレルギーを持っていたり、庭でペットを飼っていたりする方でも安心して使用できます。

メリット

・壁や床下に穴を開ける必要がない。

・使用される薬剤が人間や動物、植物に悪影響を与えない。

・薬剤はステーション内にあり無臭。

・設置中は駆除の効果が持続する。

・自分で設置する場合は低コストで済む。

・管理型の場合は子どもやペットが掘り起こしてしまっても薬剤に触れられず安全。

デメリット

・即効性がなく数か月は様子を見なくてはいけない。

・管理型は定期的に管理が必要。

・1年に1回は忘れずにステーション内を確認しなくてはいけない。

・効果は抜群だがその分費用がかかる。

自分で設置することは可能?

ベイトステーションを自分で設置することは可能です。しかし、条件によっては工事が必要になることがあったりお住まいのおうちに向いていなかったりしますので、ベイト工法ができない住宅の条件を確認しておいてください。

自分でベイト工法で駆除する場合は、市販のステーション(薬剤を入れる容器)を購入し、家の周囲や床下などに設置してみましょう。土の中に埋めたり、木材に養生テープで張り付けたりするだけでOKです。

効果的なのはシロアリの通り道や出入り口に設置すること。しかし、素人にはなかなかベストポジションを見つけられないことが多いです。初めて挑戦する方は「これで被害が食い止められたらラッキー」くらいの気持ちで試してみるのがいいでしょう。

市販のベイト剤には、

  • 最初からステーション内に毒エサが入っているタイプ
  • 食害が開始されたのを確認してから自分で毒エサを入れるタイプ

この2つがあります。シロアリの巣や蟻道を発見し、確実にシロアリが寄ってくる場所がわかるのであれば最初から毒エサが仕込まれたものの方がシロアリを刺激せずに駆除することが可能です。まずは点検をしてから購入を検討しましょう。

また、ベイト工法を自分で行う場合はステーションの開閉や確認の回数を抑えることがとても重要です。シロアリはとても神経質な昆虫なので、何度も刺激を受けるとそのステーションに定着せず、寄り付かなくなってしまうことがあります。そのため、1年に1回ほどシロアリがいるかどうかチェックするくらいに留めましょう。

ベイト工法ができない住宅はある?

自分で駆除する場合は、

  • シロアリの巣や蟻道が見つからない
  • 家の周囲がコンクリートだから埋めるタイプのベイト剤が使用できない

このような状況ではベイト工法はおすすめできません。他の方法をするか、

プロのシロアリ駆除業者に依頼

しましょう。

また、駆除業者に依頼する場合でも、

  • 家の周りの敷地に人が入れるスペースがない
  • 家の周囲がタイルやコンクリートで覆われている

といった条件下ではベイト工法が選択できないことがあります。

どんな場合におすすめの工法なの?

ベイト工法がおすすめなのは以下のような場合です。どれか1つでも当てはまるのであればベイト工法を選択してみてはいかがでしょうか?

  • シロアリによる被害がそこまで深刻ではない場合
  • 時間やお金が多少かかっても巣から根絶したい
  • 小さな子どもやペットが庭をいじる可能性がある
  • 基礎部分に断熱材が使用されている住宅である
  • 床下に人が入れるスペースがない

特にベイト工法をおすすめしたいのは断熱材が使用されている住宅です。断熱材がついている場合、外から見てもシロアリ被害に遭っているかわかりません。しかし、シロアリが出始めているのであれば、断熱材の中にシロアリの巣ができている可能性があるのです。

ベイト工法ではそのようなケースでもシロアリ駆除ができます。

また、床下に潜れる人がいない場合や、スペースがなく人が入れない場合でもベイト剤を使用することは可能です。

バリア工法とは

シロアリ駆除のもう1つの方法がバリア工法です。昔ならではの薬剤散布による駆除ですが、その方法にはいくつかあり、使用される薬剤にも種類があります。施工内容はどうなっているのか見ておきましょう。

液体の薬剤を散布、塗布することでシロアリが侵入することを阻止します。蟻道や巣の周り、家の柱などに薬剤を塗ることでそれ以上被害が広がらなくなります。

床下や基礎部分、土、柱などの木材に薬剤を散布したり注入したりするので、もしこちらの工法を選択するのであればできるだけ

駆除業者に依頼した方が安全です。

自分で行う場合は、薬剤だけでなく防護服、ゴーグルなどの物品を準備し、細心の注意を払って作業することがとても大切になります。

バリア工法には、以下の3つの方法があります。

木部処理

木材に薬剤を吹き付けたり注入したりする処理です。床下にある柱などをシロアリの被害から守り、被害が広がらないように駆除していきます。

土壌処理

土から基礎や家の中にシロアリが侵入するのを防ぐため、土の上に薬剤を散布してバリアする処理です。ただし、土の奥深くには薬剤が届かないため、巣ごと駆除することはできません。

上回り処理

浴室や玄関など、タイル張りになっていたりする部分では床下だけでなく床上からもアプローチしなくては効果が現れません。そのため、タイルや床に穴を開けてそこから薬剤を注入し、最後に穴を埋めるという工事が必要になります。

使用する薬剤は?

使用される薬剤は、

  • 木部処理剤
  • 土壌処理剤
  • 上回り処理剤

この3つに分類されていて、

  • カーバメート系
  • ネオニコチノイド系
  • ピレスロイド系
  • フェニルピラゾール系
  • フェニルピロール系

などに細かく分かれています。どれもシロアリに効果がある殺虫成分が含まれていますが、それぞれ特徴が異なるため被害の状況や人体への影響、立地条件などに合わせて薬剤の選択をすることになるでしょう。

おすすめの薬剤はネオニコチノイド系です。この薬剤はニコチンに似た成分でできていますが、昆虫にしか作用しません

そのため人間やペットに影響が出にくく、安全性が高いのです。また、忌避性がないためシロアリがこの薬剤を散布したところを避けるということがなく、薬剤に気づかずに駆除されていきます

さらに、シロアリ同士に次々に作用していくというドミノ効果も期待できるため、他の薬剤よりもメリットが多いと言えるでしょう。

メリット

  • 即効性があるためすぐに効果がわかる。
  • ほとんどの業者で5年間保証期間がつく。
  • 低コストで施工可能。
  • 被害状況に合わせた薬剤の量にできる。

デメリット

  • 薬剤の臭いがキツいため数週間は換気が必要。
  • 小さい子どもやアレルギーの人などがいる場合は避けた方がいいこともある。
  • 必要に応じて壁などに穴を開けることがある。

以上を踏まえた上でのまとめ

これらを踏まえ、もしご自身にてシロアリ駆除をされるのならこちらから、

やはり面倒な作業は業者へと思われたのなら、こちらのシロアリ駆除業者の選び方を参考になさって下さい。