何とか自分で駆除したいと考えている方は、セルフでの駆除が可能な状況かチェックしてから行動しましょう。迂闊に挑戦すると思ってもみなかった被害に遭うことがあるのです。

また、準備から後片付けまで自分で行わなくてはならないため、細心の注意を払わなくてはいけないこともあります。そこで、自分でも駆除できるのか、どんなことに気をつけなくてはならないのかについてご紹介します。

自分で駆除可能かチェックしてみよう

5つのチェック項目を見て、1つでも当てはまらないものがあれば自分で駆除するのは諦めた方がいいかもしれません。

  1. ネズミ被害がまだ初期段階である
  2. ネズミの気配はあるけどまだ家の中で姿を見ていない
  3. 屋根裏や床下の点検、駆除もできそう
  4. 捕まえたネズミや死んだネズミの後処理ができる
  5. 今すぐ効果が表れなくてもとりあえず大丈夫だと思っている

被害が深刻で、すでに部屋の中の食べ物を食い荒らされたりしているのであれば、自分での駆除は難しい状況に陥っている可能性大

です。また、駆除はネズミを追い払うだけでなく、殺したり捕まえたりすることも多いため、その後の処理ができないのであれば

プロに頼んだ方がいい

と考えましょう。

気をつけなくてはいけないNGな行動は?

自分で駆除する場合は、

  • 普通の格好で作業するのはNG
  • テキトーに駆除グッズを設置するのはNG
  • 使用方法を守らないのはNG

と注意しなくてはならないことがあります。しかもどのNG行動も、やってしまうと体調不良を起こしてしまい、最悪死に至ることすらありえる危険なものなのです。

駆除に使用する薬剤は人間には害がないもの、人間にも害があるものの2つが存在しています。害がないとされているものも、アレルギー体質の方や小さな子ども、ペットが誤飲した場合に大変な事態につながることがあるため油断はできません。

駆除する方は手袋、マスクを着用し、薬剤や病原菌がついてしまわないように作業後は着替え、手洗い、除菌をしてください。そして使用する駆除グッズの使用方法は絶対に守り、小さな子どもやペットがいる場合はテキトーに設置することがないようにしましょう。万が一誤飲するなどのトラブルがあると危険です。

これらがしっかりと守れる方はセルフでの駆除にチャレンジしてみてもいいでしょう。

駆除するのが難しいと感じたら…

なんだか自分ではできないかも…と感じたら、

  • ネズミ駆除業者に依頼する
  • 役所や保健所に相談してみる

このような方法もあります。

プロの駆除業者に依頼する

のが最短で問題を解決する方法なのですが、役所や保険所がサポートしてくれることもあります。ただし、お住まいの都道府県によって対応は異なるため、どのくらいのサポートが受けられるのかは聞いてみなければわかりません。

まずは電話や窓口で相談してみましょう。民間の駆除業者をすすめられることもありますが、その時にどうするか検討すればいいでしょう。

ネズミの駆除方法の種類は?

ネズミ被害の程度や被害箇所など様々な状況によって、効果が表れやすい駆除方法は異なります。これから駆除する予定の方はまずどんな方法があるのか知っておく必要があるでしょう。

ネズミ駆除でよく用いられる方法は以下の6つです。

  1. 粘着シートを敷く
  2. 超音波で追い払う
  3. 忌避剤(スプレータイプ/設置タイプ)を使用する
  4. ネズミ捕り器(捕獲用の罠)を仕掛ける
  5. 殺鼠剤(毒エサ)を撒く
  6. 物理的に通路を塞ぐ

それぞれの内容と効果についてまとめてみましたので参考にしてみてください。

粘着シートを敷く

ネズミ駆除のグッズの中でも安価で購入できるのが粘着シートです。ドラッグストアなどでも様々な種類の粘着シートを見かけるでしょう。敷くだけでOKという簡単さも相まって人気が高い駆除グッズなのです。

メリットとしては、

  • 安く済ませられる
  • 敷くだけで手間いらず
  • ネズミに寄生しているダニやノミも吸着させられる

というものが挙げられます。

デメリットは、

  • 隙間があれば逃げられる
  • 粘着力が弱いと捕まえられない
  • クマネズミは肉球にゴミがついているとくっつかない
  • 数が多い場合は捕りきれない

などです。ただ、手軽に始められる駆除ではあるので、まずは試しに使ってみるといいでしょう。

ネズミに付着している汚れやゴミを取ってから粘着シート上を通ってもらうために、粘着シートの周りに新聞紙を敷いておくのがおすすめです。そうすることで多少粘着力が弱くてもネズミを絡め取りやすくなります。

超音波で追い払う

超音波にはいろいろな周波数が存在し、限られた動物に対して不快感を与えることができます。人間も年代によって聞こえる周波数が異なるため、高音だと若い世代にしか聞こえないということが知られています。

その超音波を使って、ネズミが過ごしにくい環境を作り、家から出て行ってもらおうという方法です。ネズミ用の超音波グッズが販売されており、設置するだけでネズミがストレスを感じる周波数の超音波を発生させることができます。そのため、屋根裏や床下などネズミが通りやすいところにポンッと置けば、あとは勝手にネズミがいなくなると言われてるのです。

実際にたくさんの方が試していますが、中には使用した瞬間にネズミの足音が止まったというケースも。また、逆に使用し続けていたらネズミが超音波に慣れてしまい、普通に活動してしまうようになったということもあるようです。つまり、効果は場合によるということでしょう。

超音波を使用する際のデメリットとしては、

  • 人間には聞こえないと書かれていても聞こえることがある
  • 1つだけでなくいくつも準備しなくてはいけないことがある
  • 超音波は反射するため設置する場所の角度を計算しなくてはいけない

ということが挙げられます。超音波は聞き続けると耳障りで、ストレスを感じてしまう方もいます。しかし、購入したグッズの超音波が自分に合っているかは使ってみないとわからないのです。

また、超音波は固いものに当たると反射してしまうので、家具などの障害物があるところでは複数個セットしないと効果が得られません。その分費用が掛かってしまうので、どのくらいの数が必要なのか計算してから試すのがいいでしょう。

忌避剤(スプレータイプ/設置タイプ)を使用する

ネズミ駆除に用いられる忌避剤とは、ネズミが嫌がる臭い成分を使用した薬剤のことです。主にスプレータイプと設置タイプの2種類があり、ネズミの行動パターンに合わせて選択することができます。

スプレータイプのものは直接ネズミに噴射したり、ネズミが出入りしているような場所に吹きかけたりして追い出す効果が期待できます。ネズミに近寄れない場所だと学習させるために、こまめに何度もスプレーする必要があるので少し手間がかかるでしょう。

設置タイプのものはネズミがよく出るところや近寄ってほしくないところに重点的に置いておくものです。スプレータイプのものよりも効果が長持ちしますが、風通しが良いところに置くと効果が半減しますので注意してください。

どちらのタイプの忌避剤でも、これだけで駆除しきれないと考えておいた方がいいと言われています。稀に忌避剤のみでネズミがいなくなることもありますが、たいていは臭いに慣れてしまって再び被害に遭ってしまうのです。そのため、他の駆除方法と併用することをおすすめします。

また、忌避剤に使用される成分は商品によって異なるため、小さな子どもやペットがいる場合は天然成分を使用しているものにするなど工夫するといいでしょう。

ネズミ捕り器(捕獲用の罠)を仕掛ける

ネズミが好むエサでおびきよせて、カゴなどで捕獲する方法があります。罠を設置するだけでOKなのですが、ネズミがよく通るところを見極めておかないと失敗することも。特に警戒心が強いネズミは罠にかかりにくいので、ネズミに関する知識がある程度必要となるでしょう。

バネ式のタイプもあり、そちらはネズミの体の一部をはさむため、ネズミが死んでしまうこともあります。そうなるとネズミの死骸を自分で処理しなくてはいけなくなるのです。また、死んでいなくても、生きているネズミをどこかに逃がすなどの後処理が必要になるので気をつけましょう。

殺鼠剤(毒エサ)を撒く

ネズミに効く毒を含んだエサを置いておき、それを食べたネズミが死ぬのを待つという方法です。即効性があるもの、じっくりと時間をかけて効き目が表れるものに分かれますが、すぐに効果が表れる強力な毒エサは家の中でネズミが死んでしまう確率が高くなってしまうので覚えておきましょう。

置き方や置く場所によってはなかなか食べてくれないこともあり、その場合は工夫が必要です。そのため、毒性がないネズミの好物を置いて食べさせ、

警戒心を解いてから毒エサを仕掛ける

のがおすすめと言われています。好物にはヒマワリの種やサツマイモ、食パンなどがありますので、仕掛ける際は腐らせないように注意してみてください。

物理的に通路を塞ぐ

ネズミの侵入経路を塞ぐことは駆除をする際にとても重要になります。塞ぐ方法はどれでも構いませんが、ネズミ除け専用のものもあるので活用するといいでしょう。

例えば防鼠パテで配管まわりの隙間を埋めたり、忌避テープを配線に巻き付けたりするのがおすすめです。防鼠パテにはネズミが苦手とする辛味成分が含まれていたり、忌避テープには嫌な臭いがついていたりするので、ネズミが家の中に侵入するのを防ぎやすくなります。

また、主に通気口や排水溝から侵入されやすいので、金網や金属板を取り付けるのも効果的です。

自力で駆除する場合の費用

自分で駆除する際は、業者に依頼するよりも比較的安く済ませられると言われています。どんなグッズをどのくらい使用するのかにもよりますが、だいたい2万円程度から駆除可能でしょう。

しかし、1度の駆除ですべてのネズミがいなくなるわけではなく、何度もネズミによる被害が再発するというケースも多いです。そうなると数万円の出費が複数回必要になってしまいます。

そのため、完全駆除するまでにかかる金額は、

プロの業者に依頼するのとほぼ変わらない

ことも少なくありません。効率よく最低限の費用に押さえたいのなら、最初からプロのネズミ駆除業者に依頼するのがベストです。

効果はある?気になる噂の方法とは

効果があると噂されていたり、おすすめされていたりする方法は本当にネズミ駆除に効果があるのでしょうか?気になる噂の方法についてぜひチェックしてみてください。

  1. 超音波アプリを活用する
  2. バルサンを焚く
  3. 猫にねずみを捕ってきてもらう

噂に上がる方法は以上の3つが多いです。実際に効果があるのか、どのような方法なのか1つ1つ見てみましょう。

超音波アプリを活用する

ネズミ駆除の方法の1つに超音波で追い出すというものがありますが、コンセントに差し込むタイプだと屋根裏や天井に設置できなかったり、そもそも本当に効果があるのかな?とためらったりしてしまうことも。

そこで話題となったのが超音波アプリです。いくつかのアプリを見比べるとわかりますが、無料版と湯量版の2つがあり、とりあえず超音波が効くか試してみたいという方は無料版をインストールしてみてもいいかもしれません。

メリットとしては、

  • スマホやタブレットがあればすぐに使える
  • 無料で試すことができる

という2つの点が挙げられます。

しかし、デメリットも当然あるので注意が必要です。

  • 効果は一時的なものになりがち
  • 初期の被害にしか効かない
  • スマホやタブレットをネズミが出やすい場所に置いておかなくてはいけない
  • 人間が体調不良になることもある

このような点を考慮して使用しなくてはいけません。また、アプリを使用中はスマホやタブレットをいじれなくなるので、連絡を取る時やネットを見る時はいちいち取りに行って除菌しなくてはいけないのでかなり面倒でしょう。

さらに、人間の耳元などで使用すると頭痛や眩暈を感じることがあるようです。敏感な人は室内に置いているだけでも体調不良になる可能性があり、合わないと感じたらすぐに使用を中止しなくてはいけません。

バルサンを焚く

ネット上ではネズミにもバルサンは効くかもしれない、という情報が出回っているようです。バルサンは商品名ですので実際は燻煙剤のことを指しているのですが、確かにネズミ駆除用の燻煙剤が販売されています。

燻煙剤は家中を煙で駆除するのに最適なようにも思えますが、効果はあまり期待できません。屋根裏や天井などまで煙がまわるというメリットはあるものの、デメリットの方が圧倒的に多いのです。

  • 燻煙剤を使用する際は家を留守にしなくてはいけない
  • 家中のものをシートなどで覆う必要がある
  • 臭いがキツい
  • 複数回使用しなくてはいけないことがある
  • 臭いに慣れるネズミが出てくる
  • 巣を作っている場合はほぼ効果なし
  • アレルギー体質の人、小さな子ども、ペットがいる場合は不向き
  • 火災報知器をしっかり覆っておかないと警報が鳴る

このようなデメリットがあります。特に、煙がもくもくと上がっている間だけでなく、使用後数時間は換気ができないためとても時間がかかるのがつらいでしょう。燻煙剤は家具や家電などにも悪影響を与えてしまうので、事前にシートやカバーなどで覆う準備が必要ですし、さらに使用後は丁寧に拭き掃除をしなくてはいけないのです。

労力が削られますし、その上効果があまりないことも多いということから、効率的な駆除方法とは言えないでしょう。

猫にねずみを捕ってきてもらう

昔から猫はネズミを捕ると言われています。そのため、ネズミ駆除にも猫が活躍してくれるのでは?と考える方が少なくありません。

しかし、実際は必ずしもすべての猫がネズミを捕るとは言えず、効果がないことの方が多いです。特に家で飼われている猫はわざわざ狩りをしなくてもエサにありつけるため、本能でネズミを追いかけまわしたり捕ったりすることがあっても、遊び程度にしか思っていない可能性が高いでしょう。

また、猫の性格や気分にも左右されます。そのような状況で猫に頼っても、ネズミが大量に発生しているケースでは完全駆除は不可能です。

ただ、猫の匂いや鳴き声を嫌うネズミもいますので、飼っているだけでネズミが逃げ出したという例も存在しています。そのことから、すでに猫を飼っている場合は多少の期待はできるかもしれません。注意していただきたいのは、ネズミ駆除のために猫を飼うという行為です。飼い続ける責任が生じますので、安易に飼うのは絶対にやめましょう

駆除後どのくらいで効果が出るの?

効果が出るのは、即日~数か月後です。その駆除方法にもよりますが、効果がある手段を使っても数か月は様子を見なくてはいけない場合もあります。しかし、それは業者に依頼し作業をしてもらった場合の話です。

自分で駆除、侵入防止などの作業をした場合は、それが本当にあなたの家にいるネズミに効果的な方法かわかりません。そのため、効果がないことを何か月も試し、様子を見続けてしまうことはかえって被害を拡大してしまう可能性があるのです。

業者に任せた場合は作業後の説明でどのくらい様子を見たらいいのか確認しておきましょう。また、自分で駆除したいと考えている場合は1ヵ月ほど試してみて、効果がない場合は業者に依頼することを検討し始めるのがおすすめです。